ホーム | ブログトップ | ウィキ | 掲示板 | Thickbox Gallery 2 | checkPennJS | くちコミ釣りマップ | 全国ゴルフ場マップ

« Previous Archive | トップ |

HDE-U2.0J と ETG-DS/US

Monday 11 October 2010 at 04:34 am

MacBook Pro のハードディスクが一杯になってきたので、外付けハードディスクを購入しました。

I-O DATA 縦置き・横置き両対応USB接続外付ハードディスク 2.0TB エコパッケージ(無地) HDE-U2.0J

B00361F9DI

本当は BUFFALO リンクステーション LS-XH2.0TL みたいな LAN 対応ハードディスクが欲しかったんだけど、予算の関係で USB 接続のタイプとこれで何とかなるかなと。今持っているプリンターもネットワークにつなげたかったし。

I-O DATA USB機器共有ネットワークアダプター「net.USB」 ETG-DS/US

B002YL8V2W

これで Time Machine やら iTunes のデータやらをこのハードディスクで管理と思いきや、うちのワイヤレス環境が不安定なことをすっかり忘れていました。

しばらく放置(ネットワークを使わない)しておくと接続が切れていることがあり、その都度 AirMac を切入すれば再接続するのでだましだまし使っていたのですが、Time Machine のバックアップ中とかに切断されるとバックアップファイルが破損(ディスクユーティリティで修復できなくなります)したりするので、この状況では使い物になりません。

色々調べた結果(ネットでも色々報告されていますね)、ワイヤレスルーターのファームウェアをアップデートして、システム環境設定-ネットワークにある「新しいネットワークに接続することを確認」をオフにすることで改善されるっぽいので、これでしばらく様子をみてみます。

先にワイヤレスルーターを買い換えるべきだったかな・・・(今のはBフレッツの入会キャンペーンで貰ったものですし)。

davilin | Mac, コンピューター | comments(0) / trackbacks(0)
使用タグ: , ,