ホーム | ブログトップ | Thickbox Gallery 2 | checkPennJS | 全国ゴルフ場マップ

« ドメインとサーバーを… | Home | Wii が来た »

アメリカの薬

Friday 11 July 2008 at 06:29 am

明日から日本に一時帰国。休暇だからラップトップは連れていかないので仕事のメールしても無駄だよ。諦めてね。

さて、一時帰国とは全然関係ないけど、我が家が普段愛用している薬を紹介しておきます。 まあ、薬なんか愛用するもんじゃないけどアメリカに来たばっかりの人が困ってこのブログまで辿り着くかもしれないからね。

まず風邪予防にはこれ、Airborne。基本的には水やお湯に溶かして飲むタイプだけど、子供用のクララのような感じのものなど、味も種類も沢山あるのでお好きなのをどうぞ。ただし、これはあくまでも風邪をひく前の話。

風邪をひいてしまった場合は、家で安静にしているか病院に行きましょう。ウィルス性の風邪だったら Flu(インフルエンザのことね)って書いてある薬。大概何でも一緒。我が家は NyQuil を愛用(って愛用しちゃいけないよ)。このブランドの夜用咳止めは凄く効きます。凄く眠くなるけどね。細菌性の風邪は市販の薬じゃ効かないから我慢しないで病院に行ってください。

発熱や頭痛には TYLENOL, Advil, Motrin が大御所な感じ。それぞれ様々な種類があるけど、はっきり言って違いは良く分からん。子供用、筋肉痛用など用途も様々。我が家は TYLENOL 派。

胃のもたれ、胸やけ、吐き気などには Pepto。パッケージも中身もピンク色だから薬局で探し易い。他にも食べすぎたときには Tums とか Pepcid とか色々ある。ただしこれらをいくら飲んでも下痢には効かない。

下痢止めはこれ Kaopectate。便秘用も同じ銘柄で出ているから気をつけるように。Diarrhea Relief が硬くするほうで、Stool Softener は軟らかくするほう。絶対に間違えないように。

花粉症とかアレルギー性の鼻炎には Sudafed。8時間、12時間、24時間とか色々ある。凄く効く。州によって違うのかも知れないけど、この薬は商品棚からカードを取って処方窓口もしくはレジで出してもらう仕組みになっている。その時に自動車免許を見せる必要があって、同じような薬を二箱以上は買えなかったりする。少なくともうちの近所はそう。Sudafed PE とかいうのは一連の手続きが必要ないけど全然効かない。

花粉症が鼻より目にくる人にはこれ ZYRTEC。これも窓口で出してもらうタイプの方をおすすめ。

花粉症が目だけにくる人には Zaditor。抗ヒスタミン入り目薬。他には Alway とか。

転んで擦りむいちゃったときとか、包丁で切っちゃったときは NEOSPORIN。家内のバッグの中にはこれの TO GO! が入っています。子供はすぐ転ぶからね。

虫除けは OFF!。これの DEEP WOODS Sportsmen 98% DEET は凄く強力だから釣りの必需品です。それでも虫にさされちゃってカユイときは Benadryl の ITCH RELIEF とか ITCH STOPPING ってラベルのやつ。

うーん、こんなもんかな。何かあればコメントしてください。

davilin | アメリカ生活 | comments(0) / trackbacks(0)
使用タグ:

trackbacks(0):

Trackback link:

トラックバック用URLを生成するには、JavaScriptを有効にしてください。

comments(0):
コメント投稿フォーム
名前
電子メール
URL
情報を記憶する

コメントスパム対策のクイズですが、実は長女の名前だったりします。
 

Emoticons コメント

注意: 使用できるタグは <b> と <i> のみです。URLやメールアドレスはそのまま記述すればリンクになります。